So-net無料ブログ作成

「プラハを歩く」著者 田中充子から考える【広場】 [広場]

「プラハを歩く」著者 田中充子から考える【広場】

プラハを歩く.jpg
カレル橋は、著者が考える広場なのか

この文庫本から抜粋する。“カレル橋は14世紀後半にカレル4世によって建設された。1357年、全長515.7m、幅9.5m、15のアーチの上に、建築家ベトル・パルレ-シュが生涯をかけた仕事。 そして、1683年に中央に聖ヤン・ ネポムッキー彫刻が建てられて、1718年に最後の聖人が据えつけられた360年後に今のように30人の聖人が備え付けられた。カレル橋に彫像をおくというアイデアは、ローマのサンタンジェロ橋に倣ったとされる。ローマでは広場とは「彫刻で囲まれた空間」をいう。彫刻で囲まれない空間は広場ではなかった。彫刻は建物に付随しているのではない。彫刻が主役である。そう考えると、サンタンジェロ橋とどうようカレル橋の彫刻群は、橋の上に広場をは広場をつくったと言える。





カレル橋には、日の出前の朝6時前から、カメラマンのウエディングドレルの撮影、景色等の撮影と私のような観光客と20~30人が目立つ。そして、6時30分頃にはグループの観光客等、そして店を出す人たちが準備を‥というように賑わいは、夜10時過ぎ(私は遅くてもこの時間まで)まで続く。

高さ7~8m(橋の床)を超え、30m間隔、欄干(高さ90cm)の上に置かれた30の聖人が、周辺の景観から浮き出て見え不思議な空間を創り出す。欄干の上に彫像をおくというアイデアとなったローマのテベレ川に掛かるサンタンジェロ橋(長さ130m)、欄干(高さ130cm)には、10人の羽をもつ天使置かれている。しかし、私は何度訪れても、広場とは考えたことはない。
騒然・雑然とした旧市街地と聖なる地域のサンパウロ寺院を結ぶ「文化のかけ橋・都市が発展するための橋」としか考えたことはない。

二年前の【60歳からのひとり旅Ⅶ】観光でポルトガルのポルトのエッフェルのマリア・ピア橋に興味を覚えてから、昨年の【60歳からのひとり旅Ⅷ】アンダルシア地方のコルドバのローマ橋と、最近橋のデザインが気になる。(30年も前だが、私がはじめて、国際コンペに入選したのも世界の橋だった)


様々なイベントが見られる

プラハカレル橋広場のような2.jpg

カレル橋の上イベント2.jpg

カレル橋イベント3.jpg

カレル橋イベント4.jpg





さて、カレル橋は広場かというと、私にとっては、広場ではない。


広場の造形/著者:カミロジッテ訳:大石敏雄」を学んだ私にとっては、彫刻が装置。「中世とルネッサンス期において都市の広場は公共生活の展開という点でいきいきとした実際上の用途をもっており、周囲の建物と緊密な調和のある関係を持っていた」広場の造形の抜粋








ローマでは広場とは「彫刻で囲まれた空間」をいう。彫刻で囲まれない空間は広場ではなかった。彫刻は建物に付随しているのではない。

以上の事が【広 場】と言うならば、あえて言うならば、カレル橋の旧市街地側の建物の場所が、広場である。

ブログ彫刻と広場だろうか.jpg



共通テーマ:趣味・カルチャー