So-net無料ブログ作成

リスボンの広場 [広場]

『60歳からのひとり旅Ⅳ リスボンの広場』


現在のリスボンの玄関は、コンメルシオ広場、これを日本語で書くと“商業広場”。貿易広場と訳している人がいて、疑問に思い調べた。1755年の大地震後にできた広場。「国王の広場」として設計、計画の途中「王の商業広場」、最終的には現在の「商業広場」。金七紀男著“リスボンの大地震と啓蒙都市の建設”参照www009.upp.so-net.ne.jp/fial/activity/.../fial_forum34_1203.p

ポルトガルの歴史は、紀元前8世紀フェニキア時代から始り、紀元前2世紀ローマ人、714年から1147年までのイスラム教徒の支配、そして最終的にキリスト教徒に回復されるが、歴史はこちらを参照ja.wikipedia.org/wiki/ポルトガル但し、「商業広場」の広さは、金七さんの方が正しい。ロシオ広場を実測したことから分かった。


ポルトガルは15世紀からアフリカ,アジア、アメリカに進出して各地に植民地を築き、都市を建設した。私が見学したのは、マカオだ。1554年に首都にしている。植民地との連絡は船舶を利用。そのため、海湾に拠点とし、海賊の攻撃に備えて、海から湾内から奥深い傾斜地が選ばれた。それが、テージョ川の右岸、海洋から17km入った現在のリスボン(1255年にコインブラからリスボンに首都を移す)。

リスボンは、1755年の大地震の後に築かれた。この地震の被害が少ないのが、“サン・ジョルジョ城”の斜面のアルファマ地区、対岸から見るとリスボンの全景は半円劇場というか、こんもりとした低い丘を思わせる。
リスボン全景JPG.JPGリスボン全景2.JPG対岸のカシ-リャス行きの船から



大地震の1755年以前のリスボンは、アルファマ地区のようなイスラム型都市。1730年頃の人口は25万人。
リスボン歴史.jpg



リスボン大震災
1755年11月1日、晴れ渡った日曜日の朝9時30分すぎ、直下型の地震。北から南に激震が貫いた。地震に続いて火事。翌年ボンバル侯爵は再建計画。具体的な設計の責任者はエウジェニオ・ドス・サントス大尉。
リスボン中世.jpg


計画の対象になる地域は、王宮広場(後の商業広場)とロシオ広場の間に位置、リスボンの心臓部にあたるバイシャ地区。

サントスの計画では王宮広場とロシオがバイシャの南北に2つの核として決定的な役割を果たし、3本の街路がこの2つを結んでいる地震から10年後1776年バイシャ地区と周辺に140の建物が建設された。


『リスボンの中心の都市構成』


リスボンの広場の面白さは、テージョ川に面する、リスボンの表玄関「商業広場」と北に延びる3本の街路とロシオ広場とフェゲイラ広場の都市構成と思い、実測した。

ロッシオ広場193m×85mとフェゲイラ広場72m×111mと樹木のあるサンドミンゴス広場、変形だが60m×30m程度の3つの広場を実測した。図面で書いていくとコンメルシオ広場177m×192mと言うことが分かった。
これらの4つの広場の組み合わせが好きだ。その中でも、サンドミンゴス広場が楽しい。朝、昼間はアフリカ系黒人の情報交換の場になり、夕方からは リリュール酒1.35ユーロの店の周辺には、たくさんの人が集まる。

リスボン3つの広場.jpg



リスボン「商業広場」「ロシオ広場」と「フィゲイラ広場」

「商業広場」

王宮広場に代わる商業広場はテージョ川に面し、植民帝国の首都、国際貿易都市としてのリスボンの表玄関である。南北に177㍍、東西に192.5㍍の長方形を成し、広場の東・西・北野3面はアーケードを備えた建物に囲まれた。北面の中央に始まるアウグスタ街路の起点には凱旋門が設けられ、東側と西側の建物はテージョ川に面してそれぞれ塔が設計された。(金七紀男著より)

商業広場像.JPG

商業広場の中心にはテージョ川に向いて“ジョゼ1世”の騎馬像が建ち。北面の中央に凱旋門があり、ここを起点にして、幅員14mのアウグスタ街路から、ロシア広場につながる。
商業広場2JPG.JPG

商業広場床.JPG

商業ロシオ通りJPG.JPG

アウグスタ街路、2階にバルコニーを持つ5階建ての建物。リスボンの中心街路、幅員14m。


「ロシオ広場」

『ロシオ』とは、古ポルトガル語で『所有者のいない草原』という意味である。、ロシオは公開処刑の場所となった。
ロシオ広場は、レーザーで測量85m×193mだった。商業広場のちょうど半分の広さだ。設計された通りの広さだった。商業広場より先に工事は進められ、広場は1765年には完成したが、全体的に完成したのが1840年。広場周辺の建物は「ゲルマン風」の切妻方の屋根を持つ。
ロシオ広場3.JPG

ロシオ広場1JPG.JPG


ロシオ広場の再建は、18世紀半ばに建築家エウジェニオ・ドス・サントスとカルルシュ・マルデルの手で、典型的なポンバル様式にする責任が果たされた。

19世紀、ロシオ広場は典型的なポルトガル風モザイクの石畳が施され、フランスから輸入されたブロンズ製の噴水で飾られた。テージョ川を望むペドロ4世像の立つ円柱が据えられたのは1874年である。この時、広場の名前はペドロ4世広場とされたが市民には受け入れられなかった。
ロシオ広場1.JPG

ロシオ広場2.JPG



「フィゲイラ広場」

フィゲイラ広場 (葡:Praça da Figueira)は、1755年のリスボン地震で被害を受け、再開発されたバイシャ・ポンバリーナ地区にある。
フィグエイラ広場1JPG.JPG

フィグエイラ広場.3JPG.JPG

フィゲイラ6.JPG


バイシャで病院に占められていた広大な一帯は、青空市場の広場となった。この市場は廃止される1949年まで続いた。その後広場は、開けた空間、「フィゲイラ広場」となった
フィゲイラ広場は、111m×77mバイシャが再開発されてからある4階建てビルと同一の側面図を持っている。ビルにはホテル、カフェ、商店が入っている。重要な交通の中心であり、バスとリスボン地下鉄が停まる。
中央にはテージョ川を向いたよるブロンズ製“ジョアン1世騎馬像”が建っている。

「サン・ドミンゴ広場」

サンドミンゴス.jpg


ロシオ広場の北東部分近くに、18世紀初頭の赤いファサードを持つ、アルマダス宮殿に接したサン・ドミンゴ広場。1640年には、このアルマダス宮殿はスペイン支配に抵抗するポルトガル貴族らのたまり場で、彼らがポルトガル再独立を導いた。このために宮殿は通称で独立宮殿と呼ばれた。
マリア2世国立劇場と広場北部の公共庭園は、19世紀の上流階級だけが入れる場所だった。現在、その2つはリスボン市民と観光客に人気がある。樹齢100年にもなるオリーブの樹がある。色とりどりの民族衣装を着た黒人の溜り場になっている。

ドミンゴ6JPG.JPG

直径10mもある樹齢100年以上のオリーブの樹

ドミンゴ5.JPG

夕方からオリーブの樹、リキュールの店周辺に人がでいっぱいになる


サン・ドミンゴス広場4.JPG


サン・ドミンゴス広場2.JPG

ドミンゴ1JPG.JPG


サン・ドミンゴス広場3JPG.JPG


ドミンゴリキュールの店JPG.JPG
リキュール店



共通テーマ:趣味・カルチャー