So-net無料ブログ作成

バルセロナ 広場 Plaça [広場]

『バルセロナにある私の好きな3つの広場』


スペインの広場には、樹木のある広場が多い。日影、癒し、憩い、もの思いにふける装置などいろんなことが考える。

“樹木のある広場は、私にとっては、癒しになる。一人で居ても不思議ではない雰囲気になる。”

 すべて、ゴシック地区にある。バルセロナ地図.jpg

バルセロナ比較.jpg


今回の旅行の目的の一つは、王の広場の測量だった。ゴシック地区の主要街路沿いにあるCの広場を見付け、そして、さらに奥にある(地図で見るように)Bの広場を見付けた。私にとって理想の広場は、Bの『Plaça de Sant Felip Neri』であった。

A 王の広場       20.6m×38.5m
  ca.wikipedia.org/wiki/Plaça_del_Rei  

Plaça de Sant Felip Neri       20m×22.8m(不整形だが)
 2つの教会がある広場   私の理想に広場

Plaça de Degarriga 1 Bachs 13.7m×29.2m(街路幅4m含)
 記念碑のための広場
「王の広場」




バルセ王宮広場1アプロJPG.jpg王の広場1.jpg


まずは、バルセロナの観光はここから始めた。朝8時頃30分頃から明るくなり、10時頃になると先生に引率されて来る小学生のグループ、そして観光客で賑わってくる。行きつけのバールの開店は10時なので、その前に作業を片付けるように心掛けていた。
子供達は、急いで階段のところに行く。38年前と変わらない。

特に何があるというわけでないが、“街並みの美学”芦原義信氏が広場の定義には匹敵する。

 つまり、図になる外部空間、D/Hは1/1の比率ぐらいだろうか、あまり閉鎖性はないが、落ち着いた雰囲気をかもし出す。

夜になると、入り口の角にレストランが椅子を出す。

この広場の形になるには、長年の歴史の経過がある。

バルセ王宮広場図面JPG.jpg


王宮広場夜.jpg


バルセ王宮広場1-2.jpg


バルセ王宮広場2.jpg


王宮広場,1.JPG


王宮広場111JPG.JPG


王宮広場車止め.JPG王宮広場.4JPG.JPG
















そして、今回は2017年7月24日~8月4日に再度、訪れた。光の陰影が広場を更なる美しさが表現される
ウエディング、旅行記念の写真の場所になるほど、美しい広場。

ひとり旅7バルセ広場30.jpg



201707ひとり旅Ⅶ17.jpg
201707ひとり旅Ⅶ16.jpg


201707ひとり旅Ⅶ12.jpg







Plaça de Sant Felip Neri       20m×22.8m(不整形だが)
www.youtube.com/watch?v=we9qTH1cS8U


偶然に、見つけた広場、一度で好きになり、毎日、朝早く、昼頃、夕方と時間を考えて行ってみた。 不思議な魅力のある広場だ。

弾丸の跡のある教会の壁教会が2つと靴の資料館とレストランなどに囲まれている、静かな広場だ。

教会の前の壁には、歴史を語る弾丸の跡が生々しく残る。
教会の前で若者がギターを弾いている。いい声をしている。周囲の石壁に囲まれて、良い反響音が聞こえるのも幸いしているのだろうか?

小さな広場15-1アプJPG.jpg


小さな広場アプローチJPG.JPG


小さな広場7.JPG




Plaça de Degarriga 1 Bachs 
ca.wikipedia.org/.../Monument_als_Hero

街路のアルコーブ的な、記念碑のための広場。4Mの狭い街路に変化、明るさ、安らぎを提供した場所。

P1000739.JPG

P1000745.JPG
P1000746.JPG
P1000741.JPG


バルセ広場3の道化.jpg


2017年7月24日~8月4日 再度この広場を訪れた。
樹木の影で一息入れる観光客
ひとり旅7バルセ広場21.jpg



ひとり旅7バルセ広場20.jpg